末期がんで余命3ヶ月と宣告されてから精一杯出来る事

余命3ヶ月と宣告された時の様子というのは

末期がんで余命は3ヶ月と聞いた時には本当に目の前が真っ暗

末期がん治療

それに対して夫は何も言わずにただうなずいて、それから僅かな間ではありましたが静かで平和で幸せな日々を過ごすことができたのです。末期がんで余命は3ヶ月と聞いた時には本当に目の前が真っ暗になった感じがありましたが、時間がはっきりと分かったことによって夫も私も限られた時間を無駄にすることなく過ごすことができたので本当に良かったです。


余命宣告というのは全て終わらせる事

普通であれば人はいつ死ぬかわからないわけですから、やり残したことなどがあったりして後悔をもったままなくなっていくこともあるのでしょうが夫はそのようなことはなく全てをやりきって旅だったわけですからこれでよかったのだろうと思っています。

余命宣告というのは決していい話ではありませんが、残された時間もわからないままに過ごしてやり残しをしてしまうよりは時間がはっきりとしていてやりたいことをそれまでに全て終わらせることができるのは悪いものではないのかなと感じました。

お見舞いの品