末期がんで余命3ヶ月と宣告されてから精一杯出来る事

余命3ヶ月と宣告された時の様子というのは

余命からは時間というのが本当に貴重のなった

末期がん治療

今まで時間というのは無限にあるものだと思っていて、無駄な時間を過ごすことも多かったのですが夫が末期がんだと診断されてからは時間というのが本当に貴重なものだと実感できるようになりました。日に日に弱っていく夫の姿を見ているのは本当に辛くて、どうにかして奇跡が起こらないかと祈っていたのですが本人はそれでも毎日を精一杯生きていました。


奇跡が起こるかなと一瞬思う

普通の人であればヤケになってしまうところを夫は逆に一日を生きることを感謝しながら生きていて、本当に強い人なのだなと思いました。余命は3ヶ月でしたが精力的に活動をしたおかげか、その3ヶ月が経過してもまだ生きていて奇跡が起こるかなと一瞬思うほどでした。

入院している病院

余命3ヶ月という間に精一杯出来る事

それでも体の方は目に見えてわかるほどに消耗をしていましたから、奇跡は起こらないことを私自身もはっきりと理解していました。その代わり救いだったのは夫はその3ヶ月の内にやりたかったことは概ねやり遂げたようで、間に合ったと満足していたということです。ですから、私もこの3ヶ月の間に精一杯活動をしてきた夫に対してこれからはゆっくり暮らせるねと声をかけました。

お見舞いの品