末期がんで余命3ヶ月と宣告されてから精一杯出来る事

余命3ヶ月と宣告された時の様子というのは

自分の方が余命3ヶ月ということで気持ちの整理

末期がん治療

夫が末期がんで余命3ヶ月と宣告された時の様子というのは、不思議な事に落ち着いていました。がんの家系ということもあって、いつかは自分もそうなるかもしれないという覚悟があったからかも知れません。それよりもはっきりと余命3ヶ月ということがわかったのは、良かったとすら思っていたようです。本人もがんだという覚悟があったようですし、末期がんまで想定をしていただけに残りの時間がどれだけ残っているのかということを知ることのほうが重要だと考えたのでしょう。


毎日を一秒たりとも無駄にしない

むしろ、自分の方が余命3ヶ月ということで気持ちの整理がつかずに取り乱してしまいました。夫の体調はかなり悪化をしていましたが、寝たきりというわけではなくある程度体を動かすことができるものでした。それだけに最後の最後までできることはしようという意志を持ったようで、それから残された期間精一杯生きたのです。生きることを諦めたわけではなかったようですが、残りの時間が3ヶ月として生きていかなければやり残しをしてしまうという思いもあったようでとにかく毎日を一秒たりとも無駄にしないという気持ちで過ごしていました。

入院している病院

末期がんの最後の時間

自分はただオロオロするばかりなのですが、末期がんの夫がこれだけ精力的に毎日を過ごしているのを見ると、一体どちらが余命宣告をされたのかわからないぐらいになってしまいました。しかし、夫の残された時間も少なかったのですが自分が夫と過ごすことができる時間も短いわけでしたから、悲しんでばかりもいられず最後の時間を私も一緒になって大事に過ごすことにしたのです。

お見舞いの品

万が一余命3ヶ月と宣告された時リンク

小林まさひろが末期の大腸がん&余命3ヶ月を激白
肝臓がん末期 余命3ヶ月の宣告から克服までの末期がん闘病記
埼葛斎場組合斎場
最期の3ヶ月